印刷

リースで有効活用する

ビジネスホンとその利用について

スマホ

会社において必須の機器と言えるのが、電話機である。企業では、社内外でのコミュニケーションの方法として、最近ではメールでのやり取りが主流になっているが、電話も欠かせないものとなっている。特に企業ではビジネスホンと呼ばれる、通常の家庭での電話機と異なるものを導入することが通常となっている。ビジネスホンでは、外線と内線の両方を使用で来たり、また電話機から電話機へ通話保留のまま転送ができるなど、個人宅で利用する電話機とは異なる機能を有するものとなる。最近では、ビジネスホンについても固定の電話機から携帯電話へ移行してきており、変遷している。これらのビジネスホンでは、担当者数名で1台など規模の大きい会社では膨大な台数が必要になるため、コスト削減としてリースが有効となっている。

リースと費用相場について

ビジネスホンでは、家庭の電話機と異なる機能を持つことから、専用の機器の導入が必要になる。ビジネスホンでは、外線と内線を使い分けたり、電話機同士で転送できたりする。その為に、専用の交換機や中継機の導入が必要になり、これらの機器をセットで導入する必要がある。これらの機器及び電話機を一式購入することには、多くの費用が必要になるため、リースを活用するケースがある。特に、一時的に事務所を開設する場合など、比較的短期間使用するためのオフィス環境を整える際には、リースは最適なものとなる。ビジネスホンでのリースでは、一般的には1台当たり1カ月1000円などの費用を台数分支払って使用するケースが相場となっている。