印刷

経費を抑えることが出来る

レーザープリンターなどで使用されている粉末状のインクのことをトナーといいます。トナーを入れるプラスチックで出来た容器のことをカートリッジと言います。プリンターのトナーカートリッジはレーザー式のプリンターの消耗品です。プリンターのメーカーによって違いますが、トナーとカートリッジが1つになったタイプもあるので、インクであるトナーが減少すると、トナーの補充ではなく、トナーカートリッジごと交換する必要があります。そもそも、プリンターの種類は大きく2種類に分けることが出来ます。印刷する紙にインクを吹き付けるようにしてプリントする、インクジェット式のプリンターと、トナーを印刷する紙に転写し、熱でプリントするレーザー式プリンターです。このレーザー式プリンターにトナーカートリッジは利用されています。

トナーには、純正品トナーや、模倣品トナー、リサイクルトナーなど、幾つかの種類に分けることが出来ます。リサイクルトナーは、再生品トナーとも呼ばれます。トナーは消耗品なので交換価格が積み重なると、大きな価格になってしまいます。そこで、コストも安く、機能性も高いのがリサイクルトナーです。リサイクルトナーは、トナーが使用された後のカートリッジにトナー粉末を再び補充して販売されているトナーです。リサイクルトナーの価格は安いですが、印刷物の品質が落ちることはありません。さらに、メンテナンスの回数も減らすことが出来ます。印刷可能枚数に関しては、やはり純正品よりは少なくなりますが、リサイクルトナーの価格や品質性を考えると、そのコストパフォーマンスはかなり高いということが出来ます。トナーの出費を抑えることで、経費の削減をすることが出来るのです。オフィスの経費削減をプリンターで行う場合はリサイクルトナーの利用を検討して見ると良いでしょう。

普及している

スマホ

オフィスなどで使用されているビジネスフォンは、昔は大手企業などが利用していました。しかし、最近はリース普及がされているため大手企業に関わらず多くの企業が利用しやすくなったと考えられます。

詳細を確認する

リースで有効活用する

スマホ

ビジネスホンを購入した場合、途中で故障が生じてしまう他にも最新モデルにしたいと考える企業は少なくありません。その際、購入ではなくリースを選択することでトラブルにも対応でき、最新モデルも使用が出来るでしょう。

詳細を確認する

メンテナンスが不要

コピー機

コピー機は定期的にメンテナンスを行なわなければすぐに故障してしまい、新たに買い換えなくてはなりません。ですが、リース契約をすることで定期的にメンテナンスを行なってもらうことも可能なため魅力的です。

詳細を確認する